2019年11月27日水曜日

フリー経済の話。

ミクロ経済の話:
「会社もしくは事業は、どっかで利益をとっていかないとならない」でないと継続できないからね(;'∀')
基本的に(市場において)、お金を払うのはエンドユーザー(消費者)である。会社が物やサービスを作って、消費者に購入してもらう。そのA会社ひとつで物を作れればいいけれど、いろんなB会社に声をかけて物を作る場合もある。その際にはそのB会社にはお金を支払う。(B会社はお金を貰って物をつくる。)この時A社は基本的にエンドユーザーから得れる利益予想>B社への支払いでなければならない。
ところで「フリー」という本がある。
(まだ積読だがw)
この本が出る以前からあったことだとは思うけれど
近頃は、エンドユーザーが0円で物やサービスを購入することができる。
このカラクリは、(概ね)その物に広告を載せることで、その広告の会社からお金を貰っているからである。
なのでこの場合の物を作った会社は広告会社からお金をもらって制作してるので、エンドユーザーが払うお金が0円でも儲けることができていることになる。
ところで、じゃあこの場合の「広告会社は利益を得ているか。」という疑問
これは、まさに「損して得をとれ」という昔からある商売の鉄則のようなものの一つであろう
広告会社は物を作るのに会社にお金を出し、
消費者からも会社からも利益を得れられないわけだが、
その広告を目にしてもらう、見てもらう、使ってもらうことができる。
こうすることで得られる対価というのは金銭的なものではなく、顧客情報だったり、アンケートだったりするわけである。
んで、違うものことに対して、その顧客情報を生かしたものをつくるということである。
こう考えていくと、エンドユーザーは欲しいもの、使いたいサービスのためにお金を払うのが普通であるが、
自分の考え方、情報、顧客情報をお金の代わりに支払っていると言えるんだなぁ、と。
このフリー経済(エンドユーザーがお金を支払わないで物やサービスを購入できること(別にこの定義があってるかは不明))
最近は少し下火になっているかもだけど、一時、
タクシーが無料で乗れるなんてのもやっていた。
あれは確かコカ・コーラの提供だったか。
あれは確かユーザーにとってはありがたいものである。
タクシー会社もお金を貰っているのだから基本損はないだろう。その代わり、いろいろアンケートなり顧客情報なりを払わなければならないが。
しかし上記に書いたように、これは何かのマーケティングの一種であり前段階なわけであるので、
すべてのものことがフリーになる、ということは難しいんだろうなぁと。
フリーマーケティングして製品を出すの繰り返しがなされれば、フリーで利用できるものも増えていくのかなぁ?と。




2019年3月22日金曜日

ブログ整理

皆さんお久しぶりです

近況を言えば、
仕事も11年めとなり、やや慣れもあり心に余裕が出てきました。
お金周りは給料は平均的に若干上がっているものの、特に変化なし。
バーの経理をお手伝いしていて、そちらが若干収入があります。
でも飲み代で消えます(笑)
マインドの変化があり、お金に対する余裕は出てきたものの
いろいろ事情があり借金が300万超あります(泣)

以前はいろいろネガティブでしたがポジティブになりつつあるし
ネガティブという人間だけど何かに対する考え方はポジティブにできるようになってきました。今のライフ&ワークは放送関係(ミキサー業)と読書と将棋とお酒とボディメイクです。

30歳過ぎてから、ビールを好きになりコーヒーを好きになり、最近痩せてきたので身なりも整えようとファッションにも少し興味が出てきました。
やりたいこととか、読みたい本とかいろいろあってお金大丈夫なのかなぁ…という感じです。借金返済もしつつなので(汗)

ところで、まだ”大きな志”は解りませんが、
自分は大きく何をやっていきたいのかなぁ?と思うと
1、ミキサー業
2,インプット(読書含む色々)
3,モノを書いて人に読まれたい、人にいい影響を与える
4,魅力的な人間になる(外見も、中身も。教養。)
5,楽しいことを沢山する、女の子と遊ぶ
ざっとこのような所(順番ではない)です

さて3についてですが
最近はもっぱらSNSしかやっていませんでしたが、
2019年の目標としてやっぱりちゃんと書きたいと思ったわけです
(以前から目標としていましたが(汗))
そんなわけで現在の目標として週1更新のメルマガを3つやる!(日常のインプット、読書によるインプット、将棋)と
思っていて、まだ立ち上がれていません(笑)

とりあえずその前にブログをまたやってみようかなーと思ったので
更新しております。そして、いままでになんかいろいろブログ作っては更新していなかったのが結構あったので、更新しない・アクセスが全然無いものについては削除しました。

できたら1日1投稿したいのではありますが、…まぁ無理でしょうねぇ(笑)

2017年11月18日土曜日

【将棋】豊島八段と3月のライオンの話

あとで、改めて書きたいとこだけど、

豊島八段A級全勝中、
このあと、崩れて、羽生さんがこのあと全勝みたいになるとまだ解らないけど、
多分順当に行けば豊島八段が名人挑戦者。
豊島八段ほんと強い。

そして、天彦名人は調子が悪い。
名人戦に向けて調整してる部分も在るかな?とは思うけれども。

普通に予想するならば豊島八段が名人奪取。
天彦名人にはまだ防衛して欲しい気分もあるし
なんとなく豊島八段が名人という雰囲気が想像できない(笑)

ただ、順当な予想通りに、豊島八段が名人とって
ほしいという期待も一つある。

というのは、
3月のライオンが話進めやすくなりそうだからだ(笑)

一応3月のライオンの連載がスタートしてからは、
桐山零くんのモデルは豊島くん、と言われていた。

これで、豊島八段が名人にでもなろうものなら、
桐山くんが…彼まだB級2組、名人はないけど、
どっかのタイトルとかをポンと取ってもオカシクない状態になる。
あるいは連載やめたいときに、「数年後…」みたいな?w

ところで、3月のライオンから入って?藤井聡太四段が出てきた時に「リアル桐山零出現!?」みたいな記事が出てたけど、藤井聡太のキーワード入れたいだけだよな…
漫画の桐山零くんそこまで勝ってないでしょう。

あと現実の将棋界って、現代だから、というのもあるかもだけど、
強い人ががんがん勝ってるイメージで、
今まで負けてた人が、勝つようになってくるっていうのが
あんまり無い気がする。

自分まだ6年ぐらいしか将棋界見てないというのもあるけど、
サクセス(成功、成長)ストーリーみたいな人っているのかな?
ボクシング漫画の「はじめの一歩」はだんだん強くなっていく様みたいなのあるけど
将棋界って、プロ4段になってから成長していく人って?
上手く言えないけど、

<<
言いたいのは、漫画の「桐山零」くんは、
A級棋士の読みについていけてないみたいな描写があったけど
それがついて行けるようになる、というのは現実的にはない気がする。ということ。
読みがどうの、じゃない部分で、そういうA級棋士に勝てるようになる、というのなら分かるけど、
島田さんとの対局が今後あっても勝てるようになるイメージが沸かないというのが率直な感想
>>

さて、早めに帰ってきたのに結局この時間


やばい(^O^;)寝る。

2017年11月17日金曜日

【将棋】将棋と近況


ちょっと近頃は忙しくて、将棋の勉強に手が回っていない…
将棋を指していないことはないんだけど
将棋ウォーズの友達対局と、dg将棋というアプリでは一日に数局は指している。
でもいずれもほとんどやりっぱなしなので、勉強になっているかというと…?

仕事は本業の方も忙しくなっているのか、
微妙な時間の仕事が多いのか、
朝仕事がほぼ無くなったからか(朝だと昼ぐらいに終わってあと遊べたのだが)
昔は結構、あちこち散歩してたと思うんだけど(だからあまり太らなかった?w)
最近は全然。秋葉原ー上野、浅草ぐらいしか出歩かない。
特に仕事ある日はあんまり出歩かないし。

本業はそんな感じで結構ストレス溜まってるんだけど
(9時間ぐらいタダ働き?させられたり…)
本業以外の仕事が、色々と動いていて面白い。

将Giveも成長はちょっと止まってるけど、順調に活動できているし、
あと年間で数万円だけど、仕事をちょっともらえそう。

さて、将棋の近況だけど
最近は四間飛車ばっか指していて、たまに三間飛車(石田流)、と言う感じ。
四間飛車ばっかといっても、オーソドックスなものから、昔の形とか、
角交換とか色々あるので、色々指しこなしたいなーと思っている。

相変わらず穴熊は天敵ではあるのだけど、
いつまでも下火な感じではなく、ほんのすこしづつであるけど
プロの対局でも四間飛車がまたさされるようになっている。
藤井さん、久保さん、黒沢くん、井出くんの棋譜は見ていきたい、並べていきたい。

棋書、ちょこちょこ増えてるけど、いい加減集めるだけで読んでないのもどうかど思うので(笑)、しっかり1冊ずつ読んでいきたい。買うのは控えて。
最新形を学ばないと将棋弱くなっていくような感じもするけど
アマチュアなら、最新形を学ぶことが必ずしも強くなるとは限らない。

まぁ勉強をちゃんとしていく、というのが大事。少しずつでも。
詰将棋、次の一手形式の問題、棋譜並べ、寄せの勉強、詰めろの勉強等々…

がんばろう。来年こそは三段取得目標(^o^)


2017年11月16日木曜日

久々に更新してみる

シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる

というニュース

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/b/102900047/

明日、記者会見があるみたい(17日)

遺伝子からクローンを作ったりするのは動物愛護の観点からは

反対だそうだが、ちょっと生きているホラアナライオンを見てみたいものだ。