2013年6月14日金曜日

将棋の話 雑感

【将棋】
今年もA級は強豪ぞろい
B級1組も粒ぞろい、藤井先生勝てるかなぁ…
今年は残留してくれそうな気がする。
2組と行ったりきたりするような気もする
あと5年後以内のA級とB級1組のメンツがどうなるか楽しみ。

しかし藤井先生、私が将棋に興味持ったときから既に
序盤の研究家、クリエイター的になってるけど、
戦法って常常、他の人に研究されて対策されちゃうから
序盤で強くなっても仕方ないような気がしてきた

一つの戦法を突き詰めて、どこまでも研究するか、
純粋に棋力、大局観を磨いてくしかないんじゃないのかなぁ

羽生さん、渡辺さんというような人たちは、
序盤作戦家というような感じはあまりしないよねぇ
A級だと佐藤康光さんぐらいは序盤の強手をするイメージあるけど。

まぁでも鈴木大介さんとかは振り飛車で
力強いさばき合いという感じだけど
藤井さんは、序盤から中盤に移行するまでも研究的で
かつ、他の人とは異なる感じのさばき合いだよね
ファンタジスタと呼ばれた時期もあるけど
終盤が決して弱いわけでないと思う。
だけど、どうも他の棋士よりは弱い気がする。
とりあえず頑張ってください!

タイトルとって欲しいなーなんでも良いから。

羽生さんとか大山康晴さんとか80何期ってとってるけど
棋士の平均、タイトル数を考えたら、
一つ二つ取れるだけでも、凄いことやし
藤井先生にはぜひ、永世~も一つは取ってほしいな。

しかしトーナメントを勝ち抜いて、さらにタイトルホルダーからタイトルを奪うってのは
そうとう辛いよね。一度タイトルを取って、それを防衛して欲しい(´・ω・`)