2014年5月26日月曜日

【将棋】対局中継ではないけど、ついでに、もう一局。佐藤紳哉-森内竜王戦


こちらも
なかなか熱い対局です

佐藤紳哉さんの端攻めから、攻め切れないよう、細い攻めを繋げるか、という
感じでしたが、攻め「切れて」はいないけど、攻めきれてはいない
森内さんにも反撃の手が出てきたので、
上部脱出もできそうなのでパッと見後手が良さそうです。
(検討陣はまだ先手が…と言ってますが)

ところで、持ち時間が95手目までで先手2分:後手2時間半と大差が…
佐藤紳哉さんが序中盤で攻め「切れない」ように長考長考って感じだったのでしょうか

そういえば、こないだイメージと将棋観だったと思いますが、少し読んでいたのですが
相手が持ち時間10分に対して、自分はどれだけあったら有利か?という感じの質問

森内「うーん、一時間ぐらいですかね?、まぁでもそういうことはあまりありません。
自分が無くて相手があることはしょっちゅうですけど」

みたいな感じの答えだったと思いますが、

今、まさに、その状況です(^^ゞ(相手がなくて、自分がかなりあるという状況)

森内さん、有利…ですか…ね。
NHK杯で、山崎―羽生戦で、1分将棋になりつつも羽生さんに勝ったっていう例はありますが…

もう一度盤面を見て見ましたが…
後手的には、まだ攻め切れない状況かな…?

先手的には、攻めは…ちょっとむずかしい気がする
後手がもう少ししたら攻めてくるから、
最善(名手や奇手も含めて)受けや、うまく77~66~75って感じで入玉するかしたら
勝負はまだわからないかなー?

って個人的見解
だけど、

時間が決定的にない、1分でそんな手をミスなくすることは多分無理。
なので後手勝ちかなー

と思ったら検討陣は先手持ち。とコメントが記載された。
 まぁ局面的にはってことだろうけど。

しかし佐藤紳哉さん、電王戦で終盤の集中力低下でミスをしてしまうということをやったばかりだし
…でも1分で最善最善は無理かなぁ…
逆に森内さんは、時間たっぷりだから、間違えないように指せば…。